スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<漢検協会>「今年の漢字」も架空発注 前理事長代表会社に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000026-mai-soci

<漢検協会>「今年の漢字」も架空発注 前理事長代表会社に

あくどいやつらだ。
こっぴどく重い罰を与えて欲しい。
陪審員制度で。


 日本漢字能力検定協会の背任事件で、前理事長の大久保昇容疑者(73)が代表を務める広告会社「メディアボックス」への架空発注業務に、協会の「今年の漢字」の企画・運営などが含まれていたことが分かった。架空発注の費目の総額が約3億8000万円に上ることも判明。大久保容疑者らが花形行事を運営する陰で、多額の利益を得ていた疑いが強まった。

 京都地検の調べによると、協会から架空発注されていた業務の費目は「進行管理費」と「年間プロモーション企画費」で、大久保容疑者親子の逮捕容疑となった05年9月~09年1月は計約2億6000万円。協会の資料によると、こうした取引が始まった01年1月以降の時効分を含む総額は進行管理費1億8956万円、年間プロモーション企画費1億8879万円に上った。

 委託業務内容には、「今年の漢字」やパソコン・ワープロの変換ミスの面白さを競う「変漢ミスコンテスト」のイベント企画及び運営が含まれていた。

 しかしメ社にはこうした業務を担当する社員はおらず、実際の行事の企画や運営は協会職員が行っていた。【木下武、広瀬登】

【関連ニュース】
<写真特集>98年以降の「今年の漢字」を全部見る
漢検:逮捕の前理事長親子 関連会社から約2億円の報酬
漢検:前理事長父子を背任容疑で逮捕…京都地検
漢検:関連会社を捜索 京都地検
清水寺:「今年の漢字」の舞台使用中止も 漢検改革が前提
スポンサーサイト
人気blogランキングへ

2009年05月21日 番組 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。